屋根からのサイン

十数年前の施工では瓦すべてに釘等による固定がされていないため
雪や台風など自然現象により、ズレ・浮きがおこりやすい。

銅版の谷板は、酸性雨等による腐食の影響で
穴が開くことが増えています。(施工後20年前後)

雪の多いこの地域では雪によって引っ張られ、
棟が北側にずれることがあります。

瓦の固定を鉄釘等で使用することにより、
釘が錆の膨張により瓦を破損することがあります。

しかしこれらのことは屋根の上に登ってわかることであり、
住まわれている人は屋根から物が落ちてきたり
雨漏りをして初めて気づくことがほとんどだと思います。

数十年屋根のリフォームされていない人や、
中古物件を購入し屋根の状態が知りたい人など、
屋根に少しでも不安があればいつでもご相談ください。

がん治療では早期発見・早期治療があなたの身体を守るように、
屋根工事では早期発見・早期補修があなたの大切な家を守ります。

もう屋根のことで悩むことはやめましょう。

お問い合わせはこちら